自然エネルギーを利用した電気料は安くなるのか高くなるのか

自然エネルギーを利用した発電で太陽光発電は増えているようです。ただ太陽光発電は天気によって発電の量が違ってくることもあり、電力会社では引き取ってくれなくなっているとのことです。また風力発電の風車を見かける地域が増えてきたようです。この発電も風しだいという面がります。
自然エネルギー発電は二酸化炭素を排出しないので、地球環境には良いといわれていますが、自然エネルギーで発電した電気を買ってもらわなければ、発電のための設備にお金がかかっているので、燃料費が掛からないからと言っても高いものにつくような感じがします。
自然エネルギー発電は炭素燃料を燃やす発電に比べると建設費と維持管理費だけで済みますので、自然エネルギー発電での電気を利用することが、この電気料を安くすることになるかと思います。地球温暖化防止のためにも自然エネルギーを利用すべきでしょう。燃料費はかかりませんので。