猛暑日の冷房。ドライにしたほうが電気代は高かった。

これから猛暑日が増えてきて電気代が高くなるだろうね。家系の特徴というか体質的な問題なんだけど僕は冬には強い。住居の建物構造が保温に優れている関係が幸いしてるのは大きいけど床暖房とヒーターだけでいられるようなところがある。湯船も毎日浸かる必要がないから週三日程度の電気代計算だよ。
そんな感じだから春と秋は電気代も最低限ラインで安く済ませられるからすごく助かってるんだ。

 

でもね、夏だけがめっぽう弱い。同居人達の体質も僕とまったく一緒。だからこの季節は一気に電気代が跳ね上がるように高くなる。それぞれの部屋に設置してある冷房が最大の要因。これだけは電気代の為と言っても節約ができない。みんなが家の中にいる時間が長くなれば当然電気代も高くなってしまう。それで僕は少しでも電気代を安くしようと冷房の運転モードをドライに換えよう?ってみんなに提案してしばらく頑張って過ごしてみたんだけど、なぜか電気代は余計高くなってしまったのが不思議だった。